お問い合わせはこちら フランチャイズ契約の法律問題 フランチャイズ契約に関する裁判例の紹介 東京みずき法律事務所について
アクセスはこちら
対応エリア 関東を中心に全国対応 東京みずき法律事務所 コーポレートサイト
フランチャイズ契約に関する法律相談 > フランチャイズ契約の法律相談

フランチャイズ契約の法律相談

本部による加盟店の店舗の近隣への出店

すでにあるコンビニエンスストアのすぐ近くに、同じコンビニエンスストアができた。皆さんもそのような光景を目にしたことがあるのではないでしょうか。
加盟店が自らの店舗を営業していたところ、近隣に本部が出店した場合、顧客が分断されて過当競争を引き起こしかねません。これによって、既に出店していた加盟店の売上、利益が下がってしまうことが当然予想されます。
このように、近隣に本部が出店をした場合、もともと出店していた加盟店は本部に何か請求できないのでしょうか。

商圏の保護規定(テリトリー条項)

フランチャイズ契約書上、加盟店の商圏を保護するためにテリトリー条項が置かれる場合があります。この条項の内容が、既に出店している加盟店に、その地域における独占的な販売権を認めるものである場合には、当然、既出店の加盟店は、本部に対して、契約違反を理由に損害賠償請求をすることができるでしょう。

商圏の保護規定がない場合

問題は、フランチャイズ契約書において、加盟店の商圏を保護するような条項が規定されていない場合です。
この点については、一般的に、フランチャイズ契約書上で明確に加盟店の商圏を保護するような規定がない場合には、本部は、その加盟店の商圏の範囲内に出店することも認められていると考えられています。
しかし、既出店の加盟店店舗と本部が新規出店した店舗が近ければ近いほど、顧客を奪い合う関係になるのが通常ですから、本部と加盟店が一体となって相互の利益を図るというフランチャイズ契約の目的と整合しないことになります。そのため、本部の新規出店に際して、近隣の加盟店の店舗の売上を低下させることが容易に予測できたにもかかわらず、加盟店に何らの配慮なく新規出店をした場合には、本部の加盟店に対する指導援助義務やそれに付随する義務に違反するものであるとして、本部が加盟店に対して損害賠償の責任を負うとする考え方もあります。
また、本部が加盟店の出店に際して提供していた売上予測との関係で、既に本部による新規出店の計画があるにもかかわらずこれを秘匿し、加盟店が出店した後に、本部がその近隣に出店して加盟店の売上が、契約前の売上予測から大幅に落ち込んだ場合には、情報提供義務違反として、本部は加盟店に損害賠償の責任を負うと考えることもできるでしょう。

ページ上部に戻る